ダイワ銀影競技

【送料無料】ダイワ 銀影競技 T H85/H90/H95パワータイプ【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル T センサーオートマ【送料無料】ダイワ 銀影競技 SL 80J【送料無料】ダイワ 銀影競技 SL 80MJ【送料無料】ダイワ 銀影競技 A XH90E【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル TYPE S SMT【送料無料】ダイワ 銀影競技 A 90⇔93用替#3パーツ【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル F センサーオートマ【送料無料】ダイワ 銀影競技 SF 90【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル F 90Wダイワ 銀影競技スペシャル SL85 (鮎竿) (大型商品)【送料無料】ダイワ 銀影競技 SL 85MJ【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル T 90E【送料無料】ダイワ 銀影競技 メガトルク 大鮎 SMT【送料無料】ダイワ 銀影競技 T 90【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル SL 85【送料無料】ダイワ 銀影競技 マスターエディション 90⇔93用替#3パーツ【送料無料】ダイワ 銀影競技 スペシャル T SMT【送料無料】ダイワ 銀影競技 A H90E【送料無料】ダイワ 銀影競技 マスターエディション T90
 

商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 パワータイプカーボンチューブラー穂先 先径1.8(1.7)mm/H:1.9(1.8)mm 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 メガトップセンサーオートマ [先径0.8(0.7)mm] SMT(ソリッド:ハイテーパー型) [先径0.9(0.85)mm] 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 一度使うと戻れない、禁断的ショートロッド。その感度・軽さ・パワー・汎用性は、もはや別次元の領域。 短竿は、サブロッド。短竿は、小河川用。短竿は、大型に弱い。短竿は、引けない。 そんなネガティブなイメージで凝り固まっているなら、競技SLを手にしてほしい。 手にしたら最後、必ずや後悔することになる。「何故もっと早く、この竿に出会わなかったのか」と。 生まれ変わったSLは、いかなる状況でも金属素材ならではの超高感度を実現する2種の『SMT』を搭載。そして操作性、やり取りにおいて適応力を高めた“曲がる先調子”。曲がることでタメ性能を発揮し、良型も軽くあしらえる早瀬抜クラスのパワーを備え、底流れの強い大河川のポイントでも引きは円滑。強風時ですら「面の攻略」を有利に展開できる。歴代の競技SLを監修してきた吉田に「こんな引ける竿は今までなかった」と言わしめた。スタンダードの「80」に加え、50cmマルチ搭載の「80M」「85M」も新たにラインナップ。マルチ搭載モデルはいずれも河川規模や川相の変化に柔軟に対応。「80M」はさらなる軽さ、風対策を求める人へ。「85M」は90クラスと短竿の両方の優位性を1本に集約したアイテム。 銘板付下栓 ...
  •  

    商品の説明

  • 一度使うと戻れない、禁断的ショートロッド。その感度・軽さ・パワー・汎用性は、もはや別次元の領域。 短竿は、サブロッド。短竿は、小河川用。短竿は、大型に弱い。短竿は、引けない。 そんなネガティブなイメージで凝り固まっているなら、競技SLを手にしてほしい。 手にしたら最後、必ずや後悔することになる。「何故もっと早く、この竿に出会わなかったのか」と。 生まれ変わったSLは、いかなる状況でも金属素材ならではの超高感度を実現する2種の『SMT』を搭載。そして操作性、やり取りにおいて適応力を高めた“曲がる先調子”。曲がることでタメ性能を発揮し、良型も軽くあしらえる早瀬抜クラスのパワーを備え、底流れの強い大河川のポイントでも引きは円滑。強風時ですら「面の攻略」を有利に展開できる。歴代の競技SLを監修してきた吉田に「こんな引ける竿は今までなかった」と言わしめた。スタンダードの「80」に加え、50cmマルチ搭載の「80M」「85M」も新たにラインナップ。マルチ搭載モデルはいずれも河川規模や川相の変化に柔軟に対応。「80M」はさらなる軽さ、風対策を求める人へ。「85M」は90クラスと短竿の両方の優位性を1本に集約したアイテム。 銘板付下栓 ...
  •  

    商品の説明

  • その力と粘りは、“メがトルク”を脅かす。 軽さはそのまま。もっと強く、そして速く。 オトリを引けば滑らかな動きで広範囲をテンポよく探れる、軽い胴調子が「A」。それは小石底の天然遡上河川で爆発的な威力を発揮する、“束釣り調子”とも言われている。しかし近年、瀬釣りに限らず背バリやオモリの使用機会が増え、水中糸もトラブルが少ない太めが選ばれる傾向にある。また、ハリの進化に伴い、やり取りのスピードアップもさらに必要となってきた。フィールドにおいては、放流技術や環境変化による鮎の大型化も顕在化している。以上をふまえれば、生まれ変わる競技Aのコンセプトは必然的に1つの方向を示す。軽さはそのままに、もっと強く。ブランクを肉厚にして“筋肉量”を増すと同時に、重心バランスをさらに改良。そして生まれたのが、前作よりも「手にして軽く」「使って軽く」、そしてパワー&スピードに満ちあふれた競技Aなのである。 新しい競技Aのラインナップは「AH」を軸に開発。前作より半ランク以上パワーアップしただけでなく、粘りと引き性能を大幅に高めた。特に粘りを重視して曲がり込むようにしたため、中硬硬(強)でありながらも早瀬抜クラスのパワーと...
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 メガトップセンサーオートマ [先径0.8(0.7)mm] SMT(ソリッド:ハイテーパー型) [先径0.9(0.85)mm] 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替中節を設定 中節を交換し、長さと調子を変える新構造「スイッチシステム」 90のベースとなる調子に対して93にした場合、柔軟で曲がる先端部分が長くなるため、半ランク程柔らかくなり、特に操作時のマイルド感やオトリの安定性が向上する。 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 メガトップセンサーオートマ穂先(先径0.7mm) 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 極小の張り、泳質の支配。 搭載された2つのソリッドは、 掛けるためのテンションと泳ぎを限界まで 高めた「戦闘力」の証。 これは、かつてのSFではない。 トーナメントシーンを牽引するソリッド竿は、何を求めているか? ソリッド穂先を備える鮎ロッドの特徴として近年重視されるのは、オトリへの優しさよりも、穂先の柔軟性を活かした繊細なオバセコントロールにある。「掛かる」ラインテンションとして重視され続ける「ゼロオバセ」は、現在も釣果の鍵となっているが、ゼロをさらに細かく刻むような領域のコントロールは、やはりソリッド穂先が断然有利である。近年目覚ましい活躍を見せるトーナメンターにもソリッド穂先を駆使するスタイルが増えてきており、トーナメントシーンをリードするソリッド専用ロッドが再び求められていた。そしてダイワの英知、テスター陣の技術、最新テクノロジーが一体となり生み出されたのが、競技SFだ。 新生競技SF、その最大のトピックは0.6mm極細ハイテーパー『SMT(ソリッド)』の開発にある。カーボンソリッドでは不可能な、今まで以上に柔軟で繊細なハイテーパー構造に加え、『SMT』ならではの“大音量感度”を備えることで、既成概念...
  •  

    商品の説明

  • 泳がせ専用“極先調子”。 複合ラインを用い、穂先先端部の柔軟性を活用しミリ単位とも言えるライン操作でオトリを操る“管理泳がせ釣り”、そしてナイロンラインを用いオトリの泳ぎを優先したスタンダードと言える“泳がせ釣り”のために生み出された、“泳がせ釣り”のエキスパートに捧げる専用機種。ダイワ鮎竿史上類を見ないハイテーパー調子が、未体験の“フィネス・コントロール”を実現する。 特殊撥水処理 新触感グリップ 元竿口金処理 ニット竿袋 ソフトタイプチューブラー標準替穂先
  •  

    商品の説明

  • ダイワ 銀影競技スペシャル SL85 (鮎竿)■標準全長(m):8.50■継数(本):8■仕舞(cm):143■標準自重(g):199■先径[替穂](mm):1.1(1.05)[0.9(0.85)]■元径(mm):24.5■錘負荷/替穂(号):0-5/0-3■適合水中糸メタル:0.03-0.2■適合水中糸ナイロン:0.125-0.6■カーボン含有率(%):99■発売年:2017年■付属品:SMT(スーパーメタルトップ)替穂先、[75]変換用#3・4番パーツ ※(標準)#3・4・5番節と(替)#3・4番節は、(標準)と(替)のセットでの交換となり、節それぞれに互換性はありません、ニット竿袋※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、()内は素材先端部の外径です。●特殊撥水処理●新触感グリップ●銘板付き下栓●元竿口金処理≪ダイワ 鮎竿≫●スペシャル初のSL、潜在能力は「90」を凌ぐ。●待望の「SL」がついにスペシャルへ。新機構の[SWITCHSYSTEM]を採用し、専用の中節を入れ替えればミディアムショート「85」からリアルショート「75」に。そして長さに応じたベストアクションを演出する。2タイプの『SMT』は硬軟による操作性の違いに加え、竿の「短さ」と相まって“大音量感度”も増幅させた。鮎ロッドの基準が「90」であることが幻想に過ぎないのは、この...
  •  

    商品の説明

  • 一度使うと戻れない、禁断的ショートロッド。その感度・軽さ・パワー・汎用性は、もはや別次元の領域。 短竿は、サブロッド。短竿は、小河川用。短竿は、大型に弱い。短竿は、引けない。 そんなネガティブなイメージで凝り固まっているなら、競技SLを手にしてほしい。 手にしたら最後、必ずや後悔することになる。「何故もっと早く、この竿に出会わなかったのか」と。 生まれ変わったSLは、いかなる状況でも金属素材ならではの超高感度を実現する2種の『SMT』を搭載。そして操作性、やり取りにおいて適応力を高めた“曲がる先調子”。曲がることでタメ性能を発揮し、良型も軽くあしらえる早瀬抜クラスのパワーを備え、底流れの強い大河川のポイントでも引きは円滑。強風時ですら「面の攻略」を有利に展開できる。歴代の競技SLを監修してきた吉田に「こんな引ける竿は今までなかった」と言わしめた。スタンダードの「80」に加え、50cmマルチ搭載の「80M」「85M」も新たにラインナップ。マルチ搭載モデルはいずれも河川規模や川相の変化に柔軟に対応。「80M」はさらなる軽さ、風対策を求める人へ。「85M」は90クラスと短竿の両方の優位性を1本に集約したアイテム。 銘板付下栓 ...
  •  

    商品の説明

  • 3種の穂先を使い分け、サイズ・釣法・フィールドの全てに対応する全能先調子“T” 昨日までの限界を超え、常にスペシャルであるために。全ての「T」を、1本に。 ダイワ鮎ロッドを代表する調子、その最高峰にありながらきわめて“尖った”独特の存在感で異彩を放つスペシャルT。トーナメンターの絶大な支持を集め、熱狂的なファンを生み出し、一度ハマればその魔力から抜け出せない。一方でTという鮎ロッド全体を見渡したとき、これほど多彩な調子も他にない。競技には早い時期からTとTHが設定され、スペシャルにはTライトがラインナップされている。それはつまり、理想とするTが人それぞれに存在するということ。長年熟成を重ねてきた調子だからこそ、その支持者は多岐にわたる。そして、これら全てのノウハウを実績や幾多の伝説と共にチャージリングやナノプラス等の最新技術を駆使しながら「1本」に集結させるという、途方もないテーマのもとに生まれたのが、新しいスペシャルTだ。 全てのTを凝縮した、そんなロッドを生み出すために搭載されるのが3本の穂先。これらを交換すれば操作性とパワーを自在に設定できる。手法としてはグランドクロスで培ったものに近いが、同じTで...
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 SMT(スーパーメタルトップ) 先径0.95mm 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 「真のオールラウンダーとは何か?」 徹底的に作り込んだからこそ、誰もが使える、獲れる。調子、究めたり。 「オールラウンダー」の愛称で親しまれてきた競技Tが、ダイワ鮎ロッドの新たなる基準を創造し、生まれ変わる。その原動力はもちろん2種類のSMTであり、8本継でありながらあえて搭載したチャージリング。これらの存在によって「T」でありながらも曲がり、粘り、そして獲れる。高い操作性やパワーはそのままに、滑らかな引き心地やタメ性能の両立を可能にした。歴代オールラウンダーの長所を受け継ぎながらも、決して「パワー違いの競技T」という安易なコンセプトに流れることなく、個性的かつ真のオールラウンダーへと、このロッドは大きく変貌した。 画像先調子のロッドは、感度と操作性を特化しやすい半面、それが過ぎると扱いにくさが顕著になる。平均点を求め過ぎればつまらないロッドになってしまい、逆に個性が強いと好き嫌いが分かれ、使い手を選ぶロッドになる。歴代のオールラウンダーは、このバランスの取り方に腐心し続けてきたが、今回は違う。「T」という概念さえも逸脱しかねないギリギリのラインまで、扱いやすい調子を目指したのだ。それはA派やS...
  •  

    商品の説明

  • 90の攻撃範囲と80の軽さを合わせ持つ「85」から、「スイッチシステム」で節を組み換えれば 小河川や強風時に威力を発揮する「75」の短竿に変化する新発想“SL(ショートレングス)” 待望の「SL」がついにスペシャルへ。新機構の[SWITCHSYSTEM]を採用し、専用の中節を入れ替えればミディアムショート「85」からリアルショート「75」に。そして長さに応じたベストアクションを演出する。2タイプの『SMT』は硬軟による操作性の違いに加え、竿の「短さ」と相まって“大音量感度”も増幅させた。鮎ロッドの基準が「90」であることが幻想に過ぎないのは、このスペシャルSLが教えてくれる。 中節を交換し、長さと調子を変える新構造「スイッチシステム」 85の場合は、早瀬抜クラスのパワーで、タメ性能と粘りに優れた胴に入リ込む調子となる。75の場合は、早瀬抜(強)クラスのパワーに近くなり、パワーとスピードに優れた先調子となる。 特殊撥水処理 新触感グリップ 銘板付き下栓 元竿口金処理 SMT(スーパーメタルトップ)替穂先 [75]変換用#3・4番パーツ ※(標準)#3・4・5番節と(替)#3・4番節は、(標準)と(替)のセットでの交換となり、節それぞれに互換性はありませ...
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替中節を設定 中節を交換し、長さと調子を変える新構造「スイッチシステム」 90のベースとなる調子に対して93にした場合、柔軟で曲がる先端部分が長くなるため、半ランク程柔らかくなり、特に操作時のマイルド感やオトリの安定性が向上する。 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • 専用設計の別売替穂先を設定 メガトップセンサーオートマ [先径0.8(0.7)mm] SMT(ソリッド:ハイテーパー型) [先径0.9(0.85)mm] 対応品:ダイワHPまたはカタログを参照願います。
  •  

    商品の説明

  • その力と粘りは、“メがトルク”を脅かす。 軽さはそのまま。もっと強く、そして速く。 オトリを引けば滑らかな動きで広範囲をテンポよく探れる、軽い胴調子が「A」。それは小石底の天然遡上河川で爆発的な威力を発揮する、“束釣り調子”とも言われている。しかし近年、瀬釣りに限らず背バリやオモリの使用機会が増え、水中糸もトラブルが少ない太めが選ばれる傾向にある。また、ハリの進化に伴い、やり取りのスピードアップもさらに必要となってきた。フィールドにおいては、放流技術や環境変化による鮎の大型化も顕在化している。以上をふまえれば、生まれ変わる競技Aのコンセプトは必然的に1つの方向を示す。軽さはそのままに、もっと強く。ブランクを肉厚にして“筋肉量”を増すと同時に、重心バランスをさらに改良。そして生まれたのが、前作よりも「手にして軽く」「使って軽く」、そしてパワー&スピードに満ちあふれた競技Aなのである。 新しい競技Aのラインナップは「AH」を軸に開発。前作より半ランク以上パワーアップしただけでなく、粘りと引き性能を大幅に高めた。特に粘りを重視して曲がり込むようにしたため、中硬硬(強)でありながらも早瀬抜クラスのパワーと...
  •  

    商品の説明

  • 鮎ロッドを手にする歓びと、1尾との対話に重きを置く。そんな“匠”のための1本が『銀影競技 MASTER EDITION T90』。 オールラウンダーをベースにチューニングを施し心地よく胴に乗るフィーリングをプラス。突っ張り感を消してなお、高い操作性とバレにくさを増した粘り。トーナメントを知り尽くし、別次元で釣技を究める者に捧ぐ。 マスターエディションの調子は銀影競技T90(オールラウンダー)がベースである。しかし、そのフィーリングはよりマイルド。操作性は確かだが、決してオトリの動きを拘束し過ぎない。“しっとり”した曲がりで、掛けては野鮎の引きが存分に愉しめる。つまり、最上位のオートマティック感を得ているのだ。それは、中節の「エアグロスフィニッシュ」が軽さと基本性能を向上させ、『ESS』による調子の見直しも併せることで、突っ張り感を消してなお軽さを磨きあげ、「T」としての特性をキープできた。誰かの意見には決して左右されず、自分だけの世界観に浸る。そんな釣りにこそ相応しい、特別な1本。 調子は競技T 90(オールラウンダー)をベースに作り上げた、マスターエディション専用調子。操作時や掛けた際のオートマチック性能を極限まで高め...
  • 上に戻る