対馬からみた日朝関係

すべて表示  amazonのみ表示楽天市場のみ表示
【新品】【本】対馬からみた日朝関係 鶴田啓/著対馬からみた日朝関係 日本史リブレット / 鶴田啓 【全集 双書】【中古】 対馬からみた日朝関係 / 鶴田 啓 / 山川出版社 単行本 【ネコポス発送】【中古】 対馬からみた日朝関係 / 鶴田 啓 / 山川出版社 単行本 【メール便送料無料】【あす楽対応】【店内全品5倍】対馬からみた日朝関係/鶴田啓【3000円以上送料無料】対馬からみた日朝関係 (日本史リブレット)対馬からみた日朝関係対馬からみた日朝関係対馬からみた日朝関係 (日本史リブレット) 鶴田啓対馬からみた日朝関係/鶴田啓【1000円以上送料無料】
 

商品の説明

  • ■ISBN:9784634544109★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になります商品情報商品名対馬からみた日朝関係 鶴田啓/著フリガナツシマ カラ ミタ ニツチヨウ カンケイ ニホンシ リブレツト 41著者名鶴田啓/著出版年月200608出版社山川出版社大きさ105P 21cm
  •  

    商品の説明

  • 基本情報ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット全集・双書出版社山川出版社発売日2006年08月ISBN9784634544109発売国日本サイズ・ページ105p 21cm(A5)関連キーワード ツルタケイ ツシマカラミタニッチョウカンケイ 9784634544109 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明対馬は古くから九州北部と朝鮮半島との交易にかかわってきた。中近世の日朝関係が展開するなかで対馬がおかれた位置、また対馬自身がどのように自己を位置づけようとしたかを考察する。〈鶴田啓〉1958年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学史科編纂所教授。
  •  

    商品の説明

  • 著者:鶴田 啓出版社:山川出版社サイズ:単行本ISBN-10:4634544105ISBN-13:9784634544109■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■ネコポスで送料は1点なら188円です。2点は218円。3点は278円。4点は318円。5点以上は600円になります。※2,500円以上の購入で送料無料。※多数ご購入頂いた場合は、宅配便での発送になる場合があります。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■送料無料の「もったいない本舗本店」もご利用ください。メール便送料無料です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済はクレジットカード等、各種決済方法がご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■クリーニング済み。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い:  使用されてはいますが、  非常にきれいな状態です。  書き込みや線引きはありません。・良い:  比較的綺麗な状態の商品です。  ページや...
  •  

    商品の説明

  • 著者:鶴田 啓出版社:山川出版社サイズ:単行本ISBN-10:4634544105ISBN-13:9784634544109■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。※宅配便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅配便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅配便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■お急ぎの方は「もったいない本舗 お急ぎ便店」をご利用ください。最短翌日配送、手数料188円から■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き等、各種決済方法がご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■クリーニング済み。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い:  使用されてはいますが、  非常にきれいな状態です。  書き込みや線引きはありません。・良い:  比較的綺麗な状態の商品です。  ページや...
  •  

    商品の説明

  • 著者鶴田啓(著)出版社山川出版社発行年月2006年08月ISBN9784634544109ページ数105P9784634544109内容紹介「対馬」という少し風変わりな島の名は、日本から朝鮮半島へ渡る際に津=停泊地となる島(津島)だったことに由来するとも、朝鮮半島の馬韓に相対する位置にあったことからきているともいわれる。対馬は古くから九州北部と朝鮮半島との交易にかかわってきた。前近代の日本と朝鮮半島の関係史のうえで、それは常に無視できない存在であった。本書では、中近世の日朝関係が展開するなかで対馬がおかれた位置、また対馬自身がどのように自己を位置づけようとしたかについてみていくことにしたい。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。
  •  

    商品の説明

  • 鶴田啓/著日本史リブレット 41本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名山川出版社出版年月2006年08月サイズ105P 21cmISBNコード9784634544109人文 ≫ 日本史 [ 日本史一般 ]対馬からみた日朝関係ツシマ カラ ミタ ニツチヨウ カンケイ ニホンシ リブレツト 41※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/05
  •  

    商品の説明

  • 鶴田啓/著日本史リブレット 41本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名山川出版社出版年月2006年08月サイズ105P 21cmISBNコード9784634544109人文 ≫ 日本史 [ 日本史一般 ]商品説明対馬からみた日朝関係ツシマ カラ ミタ ニツチヨウ カンケイ ニホンシ リブレツト 41※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/05
  •  

    商品の説明

  • 日本史リブレット 鶴田啓 山川出版社(千代田区)ツシマ カラ ミタ ニッチョウ カンケイ ツルタ,ケイ 発行年月:2006年08月 ページ数:105p サイズ:全集・双書 ISBN:9784634544109 鶴田啓(ツルタケイ) 1958年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。専攻、日本近世史、近世対外関係史。東京大学史科編纂所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 対馬の位置/1 中世の対馬と高麗・朝鮮/2 近世初期の日朝関係と対馬/3 「鎖国」と近世的日朝関係/4 藩と貿易の体制/5 藩政の推移と矛盾/近世的日朝関係の終焉ーおわりにかえて 「対馬」という少し風変わりな島の名は、日本から朝鮮半島へ渡る際に津=停泊地となる島(津島)だったことに由来するとも、朝鮮半島の馬韓に相対する位置にあったことからきているともいわれる。対馬は古くから九州北部と朝鮮半島との交易にかかわってきた。前近代の日本と朝鮮半島の関係史のうえで、それは常に無視できない存在であった。本書では、中近世の日朝関係が展開するなかで対馬がおかれた位置、また対馬自身がどのように自己を位置づけようとしたかについてみていくことにしたい...
  •  

    商品の説明

  • 著者鶴田啓(著)出版社山川出版社発行年月2006年08月ISBN9784634544109ページ数105P9784634544109内容紹介「対馬」という少し風変わりな島の名は、日本から朝鮮半島へ渡る際に津=停泊地となる島(津島)だったことに由来するとも、朝鮮半島の馬韓に相対する位置にあったことからきているともいわれる。対馬は古くから九州北部と朝鮮半島との交易にかかわってきた。前近代の日本と朝鮮半島の関係史のうえで、それは常に無視できない存在であった。本書では、中近世の日朝関係が展開するなかで対馬がおかれた位置、また対馬自身がどのように自己を位置づけようとしたかについてみていくことにしたい。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。
  • 上に戻る