日本版wisc-iv

すべて表示  amazonのみ表示楽天市場のみ表示
日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐発達障害の子どもの「できる」を増やす提案 交渉型アプローチ―叱らないけど譲らない支援 (ヒューマンケアブックス)ワーキングメモリを生かす効果的な学習支援―学習困難な子どもの指導方法がわかる! (学研のヒューマンケアブックス)日本版WAIS‐IIIの解釈事例と臨床研究面白いほどよくわかる!臨床心理学発達相談と新版K式発達検査――子ども 家族支援に役立つ知恵と工夫日本版KABC-IIによる解釈の進め方と実践事例エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント ‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐WISC-IVの臨床的利用と解釈ワーキングメモリーとコミュニケーションの基礎を育てる 聞きとりワークシート1言われたことをよく聞こう 編 ( )
 

商品の説明

  • 著者:上野一彦、松田修、小林玄、木下智子 発行年月日:2015年1月30日 判・頁数:B5・262頁 ISBN:978-4821063710 発行元:日本文化科学社 概要 日本版WISC-IVによる最初のアセスメント解釈事例集。代表的な指標パターンを具体的な臨床事例で紹介。 これまでのWISC-IV関連の著作物を理論的背景とし、日本版WISC-IVを使用した最初のアセスメント解釈事例集。前半で、解釈にあたって必要な基本事項や心得るべき事項、アセスメントの手順等を解説し、後半で、代表的な指標パターンとそれに対応した具体的な臨床事例を紹介。新指標である一般知的能力指標(GAI)・認知熟達度指標(CPI)も解釈に加えている。 目次 まえがき 第1章 心理アセスメント概論 I 知能検査の歴史とWISC-IV II 知能の定義と構造 III WISC-IVの枠組みと特徴 IV WISC-IVの今後の発展 V 日本版WISC-IVとその統計特性研究 VI 日本版WISC-IVにおける倫理規程 第2章 WISC-IVの合成得点の解説と解釈 I 解釈にあたって心得るべき基本ガイドライン—真の臨床家に求められるもの— II 合成得点の解釈 III 任意の選択的拡張解釈1—新指標GAIとCPIについて— IV 任意の選択的拡張解釈2—CHC臨床クラスターに...
  • 掲載アイテムレビュー
    2件 平均 4.0

    上に戻る