渡辺京二

すべて表示  amazonのみ表示楽天市場のみ表示
未踏の野を過ぎて 渡辺京二死民と日常 私の水俣病闘争 渡辺 京二バテレンの世紀 渡辺 京二幻影の明治: 名もなき人びとの肖像万象の訪れ わが思索 渡辺京二無名の人生 (文春新書)江戸という幻景 渡辺京二原発とジャングル無名の人生 (文春新書) 渡辺京二【中古】 近代の呪い 平凡社新書/渡辺京二【著】 【中古】afb【中古】 女子学生 渡辺京二に会いに行く /渡辺京二,津田塾大学三砂ちづるゼミ【著】 【中古】afb気になる人 渡辺京二渡辺京二 (言視舎評伝選) 三浦小太郎私の世界文学案内 物語の隠れた小径へ (ちくま学芸文庫) 渡辺京二民衆という幻像 ──渡辺京二コレクション2 民衆論【電子書籍】 渡辺京二無名の人生【電子書籍】 渡辺京二父母(ちちはは)の記 私的昭和の面影 渡辺 京二近代の呪い (平凡社新書)逝きし世の面影/渡辺京二【1000円以上送料無料】北一輝 (ちくま学芸文庫)日本は外国人にどう見られていたか (知的生きかた文庫)逝きし世の面影【電子書籍】 渡辺京二死民と日常《私の水俣病闘争》バテレンの世紀維新の夢 ──渡辺京二コレクション1 史論【電子書籍】 渡辺京二逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)父母の記【電子書籍】 渡辺京二幻影の明治【電子書籍】 渡辺京二渡辺京二 (言視舎 評伝選)原発とジャングル 渡辺京二
 

商品の説明

  • 渡辺京二 弦書房ミトウ ノ ノ オ スギテ ワタナベ,キョウジ 発行年月:2011年11月 ページ数:229p サイズ:単行本 ISBN:9784863290631 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年、京都市生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『黒船前夜ーロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 無常こそわが友/大国でなければいけませんか/社会という幻想/老いとは自分になれることだ/文章語という故里/直き心の日本/三島の「意地」/つつましさの喪失/現代人気質について/未踏の野を過ぎて/前近代は不幸だったか/私塾の存立/母校愛はなぜ育ちにくいか/ある大学教師の奮闘/佐藤先生という人 現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。ことば、生と死、仕事、身分、秩序、教育、環境など近現代がかかえる歪みの本質を分析し、生き方の支柱を示す評論集。東日本大震災にふれた「無常こそわが友」の他30編収録。 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 人文・思想・社会 文学 その他
  •  

    商品の説明

  • 私の水俣病闘争 渡辺 京二 弦書房シミントニチジョウ ワタナベ キョウジ 発行年月:2017年10月17日 予約締切日:2017年10月16日 ページ数:288p サイズ:単行本 ISBN:9784863291461 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年、京都市生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝しき世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『黒船前夜ーロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 「闘争」のさなかで(現実と幻のはざまで/死民と日常/流民型労働者考/チンプンカンプンとしての裁判/終わりなき戦いの序章/私説自主交渉闘争/『わが死民』解説/方位 一九七二年七月〜一二月)/2 あの「闘争」とは何だったのか(水俣から訴えられたこと/創土社版『わが死民』あとがき/義の人の思い出/「許す」という意味)/資料(水俣病患者の最後の自主交渉を支持しチッソ水俣工場前に坐りこみを/われわれは存在をかけて処理委回答を阻止する/三宅さんの訴訟取下げについて) 怨の旗のもとに集結し、近代社会の論理では決して動かない患者たちの決意をうけ...
  •  

    商品の説明

  • 渡辺 京二 新潮社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 バテレンノセイキ ワタナベ キョウジ 発行年月:2017年11月30日 予約締切日:2017年11月28日 ページ数:480p サイズ:単行本 ISBN:9784103513216 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。日本近代史家。河合文化教育研究所主任研究員。主な著書に『北一輝』(毎日出版文化賞)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞)、『黒船前夜』(大佛次郎賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ファースト・コンタクト/ポルトガル、アフリカへ/インド洋の制覇/日本発見/ザビエルからトルレスへ/ヴィレラ、都で苦闘す/平戸から長崎へ/信長、バテレンを庇護す/豊後キリシタン王国の夢/ヴァリニャーノ入京〔ほか〕 ペリー来航の三百年前、日本人とヨーロッパ人の衝撃的な出遭い!キリスト教伝来と布教、信長・秀吉・家康らの反応、禁教、弾圧、鎖国など、日欧の「ファースト・コンタクト」を鮮やかに描く「渡辺史学」の到達点。 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・社会 文学 その他
  •  

    商品の説明

  • わが思索 渡辺京二 弦書房バンショウ ノ オトズレ ワタナベ,キョウジ 発行年月:2013年11月 ページ数:329p サイズ:単行本 ISBN:9784863290945 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年、京都市生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『黒船前夜ーロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 交感/2 回想/3 師友/4 書物その他/5 わが主題/6 地方/7 世間/8 仕事/9 書評 半世紀以上におよぶ思索の軌跡。その思想は何に共鳴したのか、どのように鍛えられたのか。考える楽しみとその意味を、101の短章が導く。 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 人文・思想・社会 文学 その他
  •  

    商品の説明

  • 渡辺京二 地方・小出版流通センターBKSCPN_【高額商品】 エド ト イウ ゲンケイ ワタナベ,キョウジ 発行年月:2004年06月 ページ数:259p サイズ:単行本 ISBN:9784902116212 本 人文・思想・社会 歴史 日本史
  •  

    商品の説明

  • 文春新書 渡辺京二 文藝春秋ムメイ ノ ジンセイ ワタナベ,キョウジ 発行年月:2014年08月20日 予約締切日:2014年08月18日 ページ数:188p サイズ:新書 ISBN:9784166609826 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序 人間、死ぬから面白い/1 私は異邦人/2 人生は甘くない/3 生きる喜び/4 幸せだった江戸の人びと/5 国家への義理/6 無名のままに生きたい 戦前の最先端都市、大連で少年期を過ごし、その後の熊本への引揚げですべてを失い、戦後を身ひとつで生きぬいてきた著者。「自分で自分の一生の主人であろう」としたその半生をもとに語られる幸福論。 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 人文・思想・社会 文学 その他 新書 その他
  •  

    商品の説明

  • 渡辺京二【著】販売会社/発売会社:平凡社/ 発売年月日:2013/10/17JAN:9784582857009
  •  

    商品の説明

  • 渡辺京二,津田塾大学三砂ちづるゼミ【著】販売会社/発売会社:亜紀書房/ 発売年月日:2011/09/26JAN:9784750511238
  •  

    商品の説明

  • 渡辺京二 晶文社キニナルヒト ワタナベキョウジ 発行年月:2015年05月25日 ページ数:261p サイズ:単行本 ISBN:9784794968807 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文科教育研究所主任研究員。著書に『北一輝』(ちくま学芸文庫、毎日出版文化賞受賞)、『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー、和辻哲郎文化賞受賞)、『黒船前夜』(洋泉社、大佛次郎賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 どこにも属せないから、世界をつくるー建築家・作家の坂口恭平さん/2 一対一で伝える力を信じたいー「橙書店」店主の田尻久子さん/3 ハーンの気持ちが分かってきたー英米文学教授・アラン・ローゼンさん/4 分からない言葉の世界にひかれるー長崎書店・児玉真也さん/5 一九四五年のリアリティーで生きているんですー画家・板井榮雄さん/6 私がいいと思ったプロヴァンスを阿蘇につくったーレストラン経営・田中啓子さん/7 喫茶「カリガリ」は熊本の文化人のたまり場ー元店主の磯あけみさん/8 農業をやりながら絵を描くー農家兼...
  •  

    商品の説明

  • 言視舎評伝選 三浦小太郎 言視舎ワタナベ キョウジ ミウラ,コタロウ 発行年月:2016年03月 ページ数:394p サイズ:全集・双書 ISBN:9784865650488 三浦小太郎(ミウラコタロウ) 1960年東京生まれ。獨協学園高校卒。90年代から北朝鮮の人権問題や脱北者の支援活動などに参加。『諸君!』『月刊日本』『正論』『別冊宝島』等に執筆。自身のブログ「Blue Moon」で近代史・映画・音楽などの評論を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 大連/闘病生活と若き日の歌/小さきものの死と挫折について/吉本隆明と谷川雁/患者との「心中」を決意した水俣病闘争/処女作『熊本県人』/『ドストエフスキイの政治思想』/神風連と河上彦斎ー反近代の極北/西郷隆盛ー明治帝国への反抗者としての西郷/宮崎滔天ーアジア主義的虚像の破壊と民衆意識からのインターナショナリズム/北一輝ー最も純粋なファシズム思想/二・二六事件と昭和の逆説/消費資本主義との思想的格闘(一)「地方という鏡」/消費資本主義との戦い(二)ポストモダン批判/石牟礼道子とイリイチーコスモスの豊かさ/逝きし世の面影 滅び去った文明/黒船前夜/歩み続ける...
  •  

    商品の説明

  • 物語の隠れた小径へ ちくま学芸文庫 渡辺京二 筑摩書房ワタシ ノ セカイ ブンガク アンナイ ワタナベ,キョウジ 発行年月:2012年02月 ページ数:277p サイズ:文庫 ISBN:9784480094339 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。旧制第五高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所特別研究員。主な著書に『北一輝』(毎日出版文化賞受賞、ちくま学芸文庫)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞受賞、平凡社ライブラリー)、『黒船前夜』(大佛次郎賞受賞、洋泉社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1(トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』ー自分にひそむかたよりの感覚/カフカ『変身』ー家族に対するわだかまり/バルザック『従兄ポンス』ー人間の金銭欲のすさまじさ/スタンダール『パルムの僧院』ー情熱によって行動する人間のけだかさ ほか)/2(ギュンター・グラス『猫と鼠』ー戦争で消えた友への鎮魂歌/フィリップ・ロス『狂信者イーライ』ーユダヤ人自身の反撥と吸引/ソール・ベロウ『犠牲者』ー被害妄想の悪夢/アラン・シリトー『屑屋の娘』ー庶民のなかの“生”の瞬間 ほか) ...
  •  

    商品の説明

  • 冬の夜、結核療養所で聞こえた奇妙な泣き声。日中衰弱しきって運び込まれた母娘は、朝を待たずに逝った。それを知った著者は、娘の体をさする瀕死の母親のやせた腕を幻視する──「小さきものの実存と歴史のあいだに開いた深淵」、それは著者の原点にして終生のテーマとなった。近代市民社会と前近代が最深部で激突した水俣病闘争と患者を描く「現実と幻のはざま」、石牟礼道子を日本文学に初めて現れた性質の作家と位置付けた三つの論考、大連体験・結核体験に触れた自伝的文章など39編からは、歴史に埋もれた理不尽な死をめぐる著者の道程が一望できる。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 「成功」「出世」「自己実現」など、くだらないーー。名著『逝きし世の面影』の著者、初めての語りおろし。戦前の最先端都市、大連で少年期を過ごし、その後の熊本への引揚げですべてを失い、戦後を身ひとつで生きぬいてきた著者が「自分で自分の一生の主人であろう」とした半生を元に語る幸福論。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 私的昭和の面影 渡辺 京二 平凡社チチハハノキ ワタナベ キョウジ 発行年月:2016年08月16日 予約締切日:2016年08月15日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784582837360 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。主な著書に『北一輝』(毎日出版文化賞受賞、ちくま学芸文庫)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞受賞、平凡社ライブラリー)、『黒船前夜』(大佛次郎賞受賞、洋泉社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 父母の記/ひとと逢う/吉本隆明さんのこと/橋川文三さんのこと/佐藤先生のこと/熱田猛の思い出 いま甦る愛しき母の言葉に誘われ、話は少年時の思い出、大連からの引き揚げの記憶、共産党時代を経て、新日本文学、そして戦後思想へとつづく。思想家・渡辺京二が半生を振り返るとき、そこにもうひとつの昭和史が立ち上がる。 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・社会 文学 その他
  •  

    商品の説明

  • 著者渡辺京二(著)出版社平凡社発行年月2005年09月ISBN9784582765526ページ数604P9784582765526内容紹介「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。1999年度和辻哲郎文化賞受賞。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。
  •  

    商品の説明

  • <p>昭和を問うなら開国を問え。そのためには開国以前の文明を問え。幕末から明治に日本を訪れた、異邦人による訪日記を読破。日本近代が失ったものの意味を根本から問い直した超大作。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 『逝きし世の面影』の著者渡辺京二は、日本近代史の考察に、生活民の意識を対置し、一石を投じてきた思想家である。その眼差しは表層のジャーナリズムが消費する言説の対極にある。本巻には、西欧的な市民社会の論理では割り切ることのできない、大衆の生活意識にわだかまる「ナショナル」なものを追求した「ナショナリズムの暗底」、明治国家への最大の抵抗者としての西郷隆盛を常識的定説から救抜する「逆説としての明治十年戦争」、北一輝と日本近代の基本的逆説の関連を問う「北一輝問題」など、日本近代史を根底から捉え返すことを試みた論考を集成する。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 家族との思い出、引き揚げの記憶、水俣病闘争、新日本文学から戦後思想史までーー思想史家・渡辺京二が自己を自己たらしめてきた人々との出会いを振り返り、昭和を語る回想記。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 時代の底辺を直視した山田風太郎の史眼を手がかりに、変革期を生き抜いた人々の挫折と夢の物語を語り直し、現代を逆照射する日本の転換点を克明に描き出す評論集。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
  •  

    商品の説明

  • 渡辺京二 晶文社ゲンパツトジャングル ワタナベキョウジ 発行年月:2018年05月21日 予約締切日:2018年04月21日 ページ数:244p サイズ:単行本 ISBN:9784794969989 渡辺京二(ワタナベキョウジ) 1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。著書に『北一輝』(ちくま学芸文庫、毎日出版文化賞受賞)、『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー、和辻哲郎文化賞受賞)、『黒船前夜』(洋泉社、大佛次郎賞受賞)など多数がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1(ジャングルと原発/原初的正義と国家/労働と交わり ほか)/2(山脈の記憶/私の夢地図/私は何になりたかったか ほか)/3(多重空間を生きるー坂口恭平『幻年時代』/『現実宿り』評釈/『現車』はどこが凄いか ほか) 進歩か縮小かではなく、主体的、共感的な文明の途とは?様々な書物を渉猟し、日々考えぬいた、老書生にして思想家の珠玉のことば。本を大量に抱え迎えた熊本地震。「文明は持ち重りするものだが、担い通していかなければならぬ。」 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・...
  • 掲載アイテムレビュー
    1件 平均 5.0

    上に戻る